ワイルドピッチお絵かき帳

描いた絵と日記と好きなもの

ひろせの感想文「ハイジ見たよ!」③

f:id:sushithunder:20171121182729j:image

じゃん


f:id:sushithunder:20171121182701j:image

続きです、今日は白黒。

今回はアルムおんじについてのお話です。

めちゃくちゃどうでもいいけど今東京音頭聞いてます。ハァ〜ヨイヨイ。☂。


f:id:sushithunder:20171121182811j:image

アルムおんじはハイジの実のおじいさん。

村人達と仲が悪く一人で山小屋にこもっているためキ○ガ○呼ばわりされています。

ひどすぎない?


f:id:sushithunder:20171121183053j:image

そんなおんじは自作のヤギチーズを物々交換でパンにすべく下山し、村のパン屋へ行くも


f:id:sushithunder:20171121183156j:image

店主とケンカ。


f:id:sushithunder:20171121183236j:image

「こんな店もう来んわ!」と怒って出ていきます。

自分はたまにしか来ないからだまされてるんだ、と思い込み一向に引きません。

ひねくれすぎ。

おじいさんはこんな人です。

 

だけど

f:id:sushithunder:20171121183334j:image

村人にはめちゃくちゃ厳しいのにこのおんじ、孫に甘すぎ。

甘いと言うか、可愛いんでしょうね。ハイジが。

いい子だし明るいし、なによりおんじのつまらない日常を楽しいものに変えてくれたんだし。


f:id:sushithunder:20171121183641j:image

パン屋にあれだけブチ切れたおんじ、ハイジにはなかなか強い言葉を使えません。

ハイジになかなかNOが言えない。

なんていうか、押しが弱くなる。


f:id:sushithunder:20171121183809j:image

だってしょうがないじゃーん。

ハイジ大好きだから。

かわいいから。

孫だから。


f:id:sushithunder:20171121183851j:image

ハイジがチーズ作りをすっぽぬかして山へ行き、鍋を焦がしてしまった時。

「これは流石に怒るだろ」と思ったのに


f:id:sushithunder:20171121184004j:image

「ハイジには難しかったんだ」といい、ハイジを責めません。

(この後ハイジは「それぐらいできるもん!」と大泣き)

 

厳しさと優しさを兼ね備えたアルムの男、おんじ。

こういう人間になりたいなぁ…。

 

つづく